10:24:00
27

お腹に良いフードを求めて..

                 
                                  
前回の続き

今回も長いから、あたしは寝てます  

PB136844.jpg
                         
 


                 
療法食のこと、あれこれ


療法食をやめようと思い始めたのは、あまり効果が出なかったことの他に
人工保存料を使っているものを止めたい という思いから..

人工保存料BHA  

蘭のお腹不調が何らかのアレルギーではないか といわれた時から、引っかかってたもの
ロイカナのドライフードに人工保存料が使われているのは有名な話.. 
メインではなかったけれど、ずっとロイカナのフードは食べていた

唯一単一の原因ではないと思うが、何年も経って、少しずつ影響が出てきた可能性は否定できない
だったら、止めてみよう! 

ところが 療法食の2大フードメーカーは、ロイカナとヒルズ 
それだけ多くの子が食べてるんだから、問題ない という意見もあるだろうし
そのあたりは、「各々の飼い主さんの考えで判断」すればいいことと思う


ヒルズについては、いろいろと原材料に気になるところがあって中止にした 

IBDには グルテン、乳糖は避けるのが基本 とあるのだけど、
グルテンの入っているものでも、IBDにも大丈夫と記載されていたりして..

う~ん、頭がこんがらがっちゃうわ お腹に合うならいいけど、そうでもないなら中止! とした







ドライフードお試しあれこれ

療法食では効果が確認できない、 でも手作り食は無理 ということで探し始めたフード

・なるべくなら手作り食に少しでも近づこうと ヒューマングレードの食材を使ったフードから選ぶ

・お試しからなので、小さいパックがあるもの (500gパック以下で)
 サンプルだと少なすぎて、結果のわからないこともあるので、ダメだと勿体ないけど仕方ない..

・シニアなので、タンパク質量、脂肪量もチェック


そんな条件をつけて、あれこれと試していくなかで
グレインフリー(穀物不使用)でなくてもOKだが、小麦・コーン・大豆を含まないものが良い となった
  小麦・コーン・大豆はアレルギーを起しやすい3大穀物とか

条件的にはOKでも、肝心の蘭のお口に合わない場合もあり..なかなか難しい

蘭のお腹にOKそうだ となったのは  いまのところ   前回にあげた4種類
フォルツァ10 アクティブライン 胃腸ケア
ワイソン ジュリアトリクス
ハッピーキャット ラキュイジーヌ
ナウ

食べる量はお腹の様子を見ながら提供中  下の2銘柄はグレインフリー
あと3種類ほど、お試し候補がある
これで いくつかOKになると飽きずにローテーションしてやれるけど、どうかな? 


切替は少しずつなので、療法食を完全に中止したのは 9月半ば

3か月経った時点で.. 
便の状態は確実に良くなってる
以前は最後がチビッと緩いが続いていたけれど、今は最後までキチッとが結構、続くようになってきた

まだ時々チビッと緩~なこともあり、ステロイドを飲ませる? と心が揺れることもあったり..
まだ、完全脱却は出来てないけれど、飲む間隔も空いてきたし、日数も減ってる



このまま良い方向に行くかどうか分からないけれど、頑張っていきたいなぁ




改めて言うまでもないけれど、これはあくまで うちの猫・蘭のお腹についてのこと

お腹の問題は、療法食で効果のある子も多いようだし、原因もいろいろだと思うので
先生とも、よくよく相談し、その子に合った食事が見つかりますように!






関連記事
スポンサーサイト

Tag:猫の蘭 お腹具合 療法食 フードお試し